アメリカ滞在10年間のサバイバル日記

アメリカと英語に魅せられた女性の滞在10年間のサバイバル日記

アメリカでのビジネスカジュアルはこれでOK! 

アメリカのホテルでビジネスカジュアルを見ている女性

 

本日は、アメリ渡航を考えている方が多いのか、このブログの中では、やたらビジネスカジュアルの記事が人気なので、本日は、アメリカで着用してもぴったりで、日本人の好みにも似合うビジネスカジュアルを捜すことにしました。

 

スーツ姿の日本人女性

 

昨今の日本の経済を考えると、日本円も下がるし、お給料は上がらないし、若いうちにアメリカで稼いでいたほうが得策と思っている方も多いでしょうね。アメリカにすでに移住した日本人の方達は、何か景気が良さそうに見えるんですもん(特にドル高のせいでね)。でも、まあ、良いお仕事を持ってらっしゃるというのが第一条件なんでしょうけれど・・・。

 

それほどアメリカに急いで行くこともないと思いますが、気持ちはわかりますわ~。

 

ビジネスカジュアルでミーティングをする女性 2人

 

そんな声も聞こえてくる今日この頃なので、本日は、そんなアメリ渡航を目指す人に、すぐ用意できそうなビジネスカジュアルを捜してみることにしました(ただし、今回女性用です)。

 

意外にこういうものは、好みにあったものが見つかりにくいですよね。

 

自分自身も渡航の直前の際は、何を持っていってよいかわからなかったんで・・・。アメリカで仕方なくあるものを着るのも何となく、気が引けるし。はじめはサイズ感とかどこで買ったらよいかわかりにくいし・・・。

 

では、早速、アメリカでビジネスカジュアルとして通用する衣服の特徴とポイントなどから見ていきます。

 

まず、向こうに持っていくビジネスカジュアルを選ぶときのポイントは5つあります。

 

  1. アメリカっぽい服でも、少し日本人っぽい繊細さがあるもの(日本人にはこれは大切ですよね)。
  2. 日本円が下がっているので日本のブランドがお得でおすすめ
  3. サイズ感が分かりやすいもの
  4. 忙しいアメリカで、洗濯機でガシガシ洗えるもの。
  5. テーストが甘すぎない(大人のふるまいが好まれるアメリカでは甘すぎは禁物)。

この5点ですね。

 

では、実際に厳選のスーツを選んでいきます。すぐアメリカにも持っていける2着のスーツ。

今回、すぐにでも着て、アメリカへ行く勇気のある方のために、手軽に手に入る2着をご紹介です。

 

 

【ニッセン】パンツスーツ(テーラードジャケット+テーパードパンツ)

 

[nissen(ニッセン)] パンツ スーツ 上下 セット 洗える (テーラードジャケット + 9分丈 テーパードパンツ) ストレッチ リスピィ レディース 通年 オールシーズン 黒無地 11

[nissen(ニッセン)] パンツ スーツ 上下 セット 洗える (テーラードジャケット + 9分丈 テーパードパンツ) ストレッチ リスピィ レディース 通年 オールシーズン 黒無地 11

 

お値段は¥14,190 で、既に61個の評価があります!

サイズ:7号~38号まであります。

色:ネイビーストライプ/グレーストライプ/ブラック

 

レビューを見ると、シルエットが「着た時綺麗」という意見が多く、スーツの見た目よりも期待できるよう。

 

他には、ストレッチが効くのでストレスなしがよいということ。

 

マイナスな意見は、この全61個のレビューの中から1個だけあって、『記事がごわごわして重かった』というコメントだけがあったみたいです。

 

肌触りも好みがあるので、まあ、しょうがないところですね。

 

私個人としては、全体的にもたついたところが全くみつからないし、色も3色から選べるのが良いですね。日本人用に作ってあるから、フィット感がよいですしね。

 

【ニッセン】スーツ(パンツスーツ 上下セット)

 

次にご紹介したいのが、これまたシルエットが綺麗な、スーツとパンツの上下セット。通年、春、秋着れる。

¥14,900(アマゾン)

 

[nissen(ニッセン)] スーツ パンツスーツ 2パンツ 上下 セット 洗える 股下72cm レディース 通年 春 秋 紺×ライトグレーストライプ 13 号

[nissen(ニッセン)] スーツ パンツスーツ 2パンツ 上下 セット 洗える 股下72cm レディース 通年 春 秋 紺×ライトグレーストライプ 13 号

サイズ:5~19号

 

素材:ポリエステル、他

色(4種):グレー系xライトグレーストライプ/ブラック無地/黒xライトグレーストライプ/ 紺xライトグレーストライプ

 

嬉しいことに、これもオールシーズン使える作りで、半裏地仕様になっていて、重ね着にも便利。

 

私が一番気に入ったのは、袖口を折って“抜け感”が出せるところかな・・・。私事ですが、袖元のもたつきがあまり好きではないんですよ。

 

お値段も上下で¥14,900で、すでに99個の評価があります。99個の評価のうち、9件以外は良い評価で、”スタイルが良く見える、写真通り素敵、ぴったりフィットするけれどスリムに見えるので嬉しい”などです。

 

これも毎日の洗い替えに本当に重宝しますね。

 

ですが、注意したい点としては、レビューを見ると全体的にスリムタイプでぴったりめ、ストレッチ性はないようですので、お支払い前に試着できるtry before you buyで試されるか、1つほど大きめサイズを試すなどされたらよいかなと思いますね。

 

99個中9件の評価だけはあまりよくないですが、ほとんどこのサイズ感に関してのコメントのようです。

 

このスーツに関してもですが、お値段的に時代柄というか、今は23年ぶりのドル高になっているので、日本で買って持っていったほうが断然お得ですね。

 

まとめ(おまけ)

 

いかかでしたでしょうか。今回は、今後アメリカ移住を考える方が増え、今にでも2,3着のスーツを掴んで出かけたい方が増えているのではという予想に基づいて、アメリカですぐ着れるレディース用のスーツをご紹介してみました。

 

 

どれを持っていったらいいかお悩みにお答えした形ですね~。

 

それでは、他の記事でもアメリカのビジネスカジュアル全般について以前ご説明していますので、よろしければそちらもご参照ください。

 

では、アメリカでの生活を満喫してくださいね!