アメリカ滞在10年間のサバイバル日記

アメリカと英語に魅せられた女性の滞在10年間のサバイバル日記

アメリカと日本の違い-家を訪問するという事

 

アメリカと日本の旗を持ち両国の違いを説明する人形 イメージ

 

 

アメリカ人宅の訪問で驚く人も

 

さっそくですが、日本人って家に人を呼ぶときは、結構前もって何か“ごちそう的なもの”を用意したり、「おもてなしをしなきゃ!」と張り切ったりしますよね。

 

私もそう思ってしまう方なのですが、アメリカ人は一般的にちょっと違います。実はもっと気楽に、“ちょっと寄ってもらう”的な捉え方をします。

 

何か飲み物はいかが?お水にしますか

 

それを如実に表すのがこちらの話題。

 

日本人や海外の留学生にとって、「驚いてしまうね」と話題になり、アメリカ人の教授が説明してくれたのが次のこと。

 

どこの国でも仲良くなった人を自宅に友達を呼びたくなるのは共通ですが、アメリカ人と仲良くなってちょっと自宅に誘われて寄ってみると、

 

“Would you like something to drink?(飲み物はいかが?)” とか、もっとカジュアルなケースでは、”Would you like some water?(お水はいかが?)”

 

とか聞かれたりもします。

 

また、答えるアメリカ人(もてなされる側)も、“お水がいい。”と当たり前のように答えたりします。(そういうときに私は、『コーヒーぐらい飲んでいけば?』と思うんですが・・・。)

 

私もこの「お水はいかが?」とアメリカ人の友人(持てなす側の)が言っているのを初めて聞いて、ちょっと引いてしまった事があったのですが、他の留学生も(日本人ではない)不思議に思っていたようで、「お客さんに水はちょっと・・・。アメリカ人はおもてなしは気にしないのかな?」という意見がでていました。

 

おかしいのが、それを聞いて答えたアメリカ人の教授の回答。「アメリカ人は、人を家に呼ぶことをそんなに大げさに捉えていないからでしょうね。」ということでした。

 

お互い、“ちょっと寄る、寄ってもらう”の感覚なんでしょうね。その時、その時を最大限に楽しむ、自発的なアメリカ人らしいと思います。

 

留学生はそこで、「僕の国では、料理や何か特別な物を用意したりしてから家に呼ぶけどな~」ということで、あまり納得はできなかった様子。

 

習慣の違いって面白いですよね。

 

そう言えばイギリスかどっかの国でも、人の家を訪問したら、クッキーの缶を出されて「クッキーを1枚取って。」と言われるとか何とか、聞いたことがありますね。

 

1枚・・・?(笑)

 

食事やパーティーに招待する時は別

 

ただ、あらたまって、ランチやディナーに人を招待するときは別です。アメリカ人もそういった場合は、前もって楽しみながら準備します。

 

食事に併せてワインなども選んだりしますしね。

 

パーティに人を呼ぶときは更に念入りで、スナック(軽食)からメインディッシュ、デザート、お酒などの飲み物まで、前もって計画してから家に招待します。

 

パーティーでは更に、パーティーで行うアクティビティまでも用意してあったりもします。

私が参加したあるパーティーでは、家の一室に絵を描くキャンバスと絵の具がセットしてあったり、曲の選定をするDJ担当までいたりして、アメリカ人の遊びを楽しむ姿勢はすごいな~と思ったものです。

 

あわせてよみたい ↓

surviving-us.com

 

アメリカでのおもてなしは時にはカジュアル

 

そういった感じで、アメリカ人からのちょっとしたお呼ばれには気楽に応じて、カジュアルなおつきあいも楽しめると良いですね。

 

ちなみに私は、お水はお水でも、どちらかというと“フレーバーつきのスパークリングウォーター”の方が好きですけどね(笑)。アメリカでもコカ・コーラだけでなく、スパークリングウォーターを好きな人も多いです。

 

では、アメリカ人との楽しいお付き合いを!