アメリカ滞在10年間のサバイバル日記

アメリカと英語に魅せられた女性の滞在10年間のサバイバル日記

英語をコーチングで学びたい?【初心者用】オススメのコーチング2選

英語を学習してキャリアアップを狙う意気揚々な女性 イメージ

 

 

英語に限らず、学習環境はアプリ有り、オンラインでの学習有り、コーチング有りと今の時代は恵まれていますね!

 

そんな恵まれた選択肢の中でも、みっちり学習の進捗を管理してもらい、指導してもらえるコーチング。巷でも注目を集めているこのコーチングとはどんなものか、私もかねてから気になっておりました。

 

本日は特に初級レベルの英語のコーチンは、どんなところが良いのか検証してみたいと思います。

 

私自身は、渡米前にやはり個人レッスンで集中して学んだ経験があり、良し悪しを判断するチエック項目はたくさんありますので、厳しめに見ていきたいと思っています。

 

初級英語を学べるコーチングに重要なポイントは?

 

英語コーチングって、たくさんあってどれも同じに見えるし、実際に費用対効果良く学べるか分かりにくいですよね。

 

なので、数あるコーチングの中から、今回英語初級の方にありがちなウィークポイント(弱点)を見定めながら、オススメのコーチングの学校を探してみました。

 

ポイント1. 何から勉強したら良いか分からない

 

まず英語に限らず、誰もがいだいてしまうのが、「苦手科目に対しては、どういうふうに勉強したら、また何から初めたら良いか分からない」というお悩みです。

 

その後の学習をスムーズに進行させるには、まずは正しい勉強の仕方を身につける事が一番の速道です。

 

中学英語の文法から学べるカリキュラム

 

そこで考えていくと、初心者レベルの悩みとしてあるのが、基礎となる中学英語の文法から躓いているということではないでしょうか?

 

文法はとかく退屈なものと思われがちですが、基礎となる文法をコーチングでしっかり集中的に学ぶことによって、その後の日常英会話や総括的な英語力が格段に伸びるというものです。

 

後はシンプルに、その文法・骨組みにそって単語を載せていき、文章を作っていくだけ。しかも日常英会話程度なら、この中学英語レベルの文法で立派にこなせます

 

結果、初心者向けコーチングは、中学英語の文法を中心にカリキュラムを組んでいるところを見極める必要があります。そうすることによって、その後の英会話力や英語力の伸びに大きな違いが出てきます。

 

初心者には、「初心者英会話」のクラスより、中学英語の文法を分かりやすく教えてくれるカリキュラムやコーチの方が大事です。

 

私の経験からしますと、英文法の説明は一般的に、日本人の講師の方が分かりやすかったですし、頭に入りやすかったです。

 

ポイント2. 英語学習の習慣づけができていない

 

これも何の学習にも当てはまりますが、そもそも英語の勉強の習慣が見についていないと、必要以上に気力や労力がいるものです。

 

顔を洗ったり、歯を磨いたりするように、例えばですが、英語の単語を朝の7:00から30分間電車の中で覚え、お昼にはその復習、夜には英文法を覚え、寝る前に例文を復唱するなど、コーチまたはコンサルタントが習慣づけに力を貸してくれるはずです。

 

コーチによる日々の進捗管理

 

とはいっても、英語に苦手意識があったり、学習の習慣がなかったりすると、つい怠けてしまったりしますよね。そこでやはりコーチングの一番の醍醐味は、コーチが厳しく勉強の進捗を管理してくれることではないでしょうか。

 

日々、進捗の指導(学習の管理)をしてもらえるスクールが良いですよね。

 

ポイント3.結局は王道は無しなので無理のないスケジュールのものを

 

コーチングといっても、学習するのは自分自身です。コーチに叱咤激励をもらっても、自分で着実に学習をこなしていかない事には上達しない。それは英語も同じです。働いている方は特に、学習スケジュールは無理のないものを選ぶ必要があります。

 

ポイント4.レッスン料は高すぎない

 

いくら志は高くて学習効果が出ても、その後の生活に支障をきたすと困りますよね。

 

それに、初心者は先行きも長いです。その後、中級→上級へと努力を継続する必要があります。初心者は特にあまり料金が高すぎるのはオススメしません。

 

では早速、この4つのポイントで選定した2校のプログラムを見ていきましょう。

 

初級英語におすすめのコーチング(スクール)2選

 

トライズ(大人のやり直し英語)

 

トライズの大人のやり直し英語には、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の講座があり、コンサルタント(コーチ)が毎日メールでのフォロー、隔週の面談も行ってくれます。

 

基礎になる文法の教育も日本語講師が担当、レッスンもマンツーマンで週2回、自己学習は毎日3時間と安定のスケジュールです。その他も単語、速読、英会話なども包括的に学べるのも魅力大です。

 

料金も3ヶ月では総額465,900円(税込)、6ヶ月で723,300円(税込)と、マンツーマンで学べるコーチングにしては抑えめの価格です。

 

キャンペーン中(2021年5月31日迄)は更に5万円の割引があるなどお得になるので、時々HPをチェックすると良いかもです。

 

参照元:トライズ公式サイト

toraiz.jp

 

English Co.(初級者向けコース)

 

コーチングでは一番歴史があるスクール(2015年創立)です。グループレッスンではありますが、科学的手法に基づき、少人数のクラスでコストを抑えながら基礎英語力を養えます

 

個人的に、やはり価格に無理がないことと、6ヶ月のコースのみですがスケジュール感も無理なく良いですね。面談は月1回あり、日々の学習の進捗もアプリで管理してもらえるので問題無し。

 

また、中高の英文法を集中して学べるだけでなく、リーディングやリスニングも包括的にレベルアップできるのも嬉しいポイント。レーニングは週1回、120分の長めのレッスンが受けられます。

 

6ヶ月の総額が264,000円(税込)で受けられてお得(なんと、1ヶ月44,000円でのコーチング)。

 

中学英語の文法をはじめ、英語の基礎を丁寧にコーチングしてくれるスクールはあまり多くない上に、この価格も当然魅力。コーチングスクールの価格は(但し、初級レベルの同等クラスと比較した場合)、高いところになると3ヶ月で総額50万円位のところもあるので、これはコスパよしですよね。

 

参照元:English Company公式サイト

初心者向けコース

 

以上、オススメの初級英語のコーチングを、4つのチェックポイントから探してみました。たくさん有って迷うコーチング。選ぶ際の参考にしていただくと嬉しいです!

 

注:上記の記載内容は、2021年の5月17日時点での筆者の独自のリサーチによるものとなっております。最新の公式情報については、各社公式ホームページからご確認くださいますようよろしくお願い致します。

 

あわせてよみたい↓

surviving-us.com