アメリカ滞在10年間のサバイバル日記

アメリカと英語に魅せられた女性の滞在10年間のサバイバル日記

アメリカのお土産-手軽に買える場所別おすすめ25選!人気のお土産も!

 

 

アメリカ旅行では、お土産のショッピングも重要なミッション! 観光の予定も、分刻みで入れる方も多いですし、最後に『お土産の買い物だけが後回しになった!』となるときも。

 

そんな方に朗報なのが、実はアメリカでは“お土産品店以外で買えるもの”がたくさんあって断然面白いし、お得でもあるんですよね。

 

今回、スーパーや量販店などで手軽に買えるアメリカ独特のお土産や意外な穴場、珍しいものなどをご紹介します。

中には私独自の視点から選んでしまった物もありますが、その点は大目に見ていただければ嬉しいです(笑)。

 

 

ターゲット(Target)等の量販店ではアメリカの雑貨がおすすめ

 

ターゲットで買えるようなファッションとファッション小物 イメージ

 

まず、ポップで手軽な価格の雑貨の購入は、現地の人もこぞって行くターゲットがおすすめ! 赤い弓の的のようなマークが目印のストアです。

 

ちょっとしたお土産に良さそうな、可愛い小物が豊富にそろえてあります。

 

また、このターゲットストアには、次々に山盛りの雑貨や日用品をカートに入れて(まるで食料品のショッピングのように)ショッピングを楽しむアメリカ人達がいて、毎回、驚愕するほど!

良くそこまで買うものがあるな~と・・・。

 

そんな“山盛り買い”のアメリカ人を観察するのも面白いです。

 

さて、話は戻りますが、ターゲットなどの量販店で買う日本へのお土産としては、お手頃価格の雑貨がオススメ。

 

早速、順にご紹介していきます。

 

注:念の為ですが、アメリカで売っている雑貨などは、恐らく、ほとんど中国製が多いようなのですが、アメリカの会社が企画しているものが大半だと思うので、それはご愛嬌ですね。

 

おすすめのお土産-ドリームキャッチャーやキーチェーンなどの雑貨

 

アメリカのドリームキャッチャー

ドリームキャッチャー

 

私も現地で、知り合いの女性にプレゼントでいただいた事がある、このカラフルでキュートな小物。インディアンの伝統で、ベッドの頭の上あたりに掛けておくと、夢がかなうというドリームキャッチャー

 

日本では、まだ、あまり見ないし、お手頃価格で買えますので、お土産にピッタリ!

 

また、量販店では、キーチェーンアメリカならではのキャラクターものなど、面白いものが見つかります。

 

女子向けのお土産として-ファッショングッズ

 

アメリアのファッション小物 イメージ

 

現地にいたときは、見るだけで終わっていたのですが、気軽に、お手頃価格で買えるアメリカ的なテーストのファッショングッズは見ものです。例えば、靴下類などの小物、アクセサリー、洋服などです。

 

商品の回転は速い(無くなるのも速い)ですが、ラッキーだったら本当に可愛いものや珍しいデザインのものに出遭えますので、良いアイデアかもと思います。

 

子供用や女性向けのお土産-ぬいぐるみなどの玩具

 

ポップな玩具は子供用に、ぬいぐるみは大人にもプレゼントできそうです。

 

バラマキ用のお土産にも-おすすめのカラフルな文房具

 

文房具も、アイスクリームやフルーツなどのカラフルなキャップが着いたペンなど、ケース入りで売ってあったりするので、職場で配ったりすると喜ばれそう。

 

メッセージカード類

 

アメリカのメッセージカード

 

ターゲットに限らず、アメリカはユニークなコメントや巧みな仕掛け付きのカードが安価で豊富! アメリカン・ユーモアが好きな人やユニークなデザインを好む方へのお土産、プレゼントに良いと思います。

 

ターゲット公式サイト

Target : Expect More. Pay Less.

 

衣類のディスカウント店-ROSS(ロス)

 

Tシャツなど

 

お得な値段の衣類が好きな人は、T-シャツとかシャツとか、衣類が破格の値段であったりするROSS(ロス)も、ちょっと面白いので一度行ってみて。全米にストアーがあるそう。中には、ちゃんとしたブランドのものも紛れていたり・・・。

 

もしかしたら$4~5程度で、掘り出しものが見つかるかもしれません。ROSS(ロス)と言ったらお得な衣類が買えるということで、現地で有名です(私は専ら、学生時代にお世話になりました。)

ご家族などへの気軽なお土産にもなるかも。

 

ROSS(ロス)公式サイト

Ross Dress For Less

 

ウォルマートなどのスーパー

 

ウォールマートなど、アメリカのどこでもあるスーパーでも、手軽にアメリカらしいお菓子が購入できます。

 

アメリカで、昔からロングランに売れているお菓子をお土産として配るのも、楽しいですね。

 

M&M

 

M&M

 

あまり日本では色とりどりの色がついたM&Mのチョコレートは見たことないのですが、アメリカでは普通すぎるチョコレート。ちょっとしたお土産に楽しい。

 

Butterfinger(バターフィンガー)

 

Butterfinger(バターフィンガー)という、ピーナッツバターが入ったチョコレート菓子(チョコレートバー)で、アメリカでは普通すぎる、ロングランのお菓子。

ちなみに、“You are butterfingers!” というと、バターのついた滑りやすい手で物を落とす人という意味で、即ち”不器用な人“という意味だそうですが、そんな話もしながらお土産を渡すと、物知りっぽくて楽しいかも。

 

ハーシーズ

 

ハーシーズも、アメリカでは普通すぎます。日本では、涙のしずくのようなかたちのキスチョコが有名ですよね。

ハーシーズのチョコレートバーのスモールサイズがたくさん入ったお徳用袋なんか、職場で気軽に配れるお土産になりそう。

 

でも、ハーシーズは日本でもあまり珍しくないですかね? (念の為の掲載です。)

 

ウケ狙いのお菓子

 

変わったものが好きな人にはリコリス(LiquoriceまたはLicorice)

リコリス

リコリス

画像引用元:リコリス公式サイト

Licorice Candy | Licorice.com

 

リコリスって“スペインカンゾウ”という漢方になる甘草だそうで、それをグミみたいな、渦巻き状にしたお菓子が売ってあって、これは日本ではあまり見ない食べ物。ですが、アメリカでは普通に大人も楽しむお菓子となっています。

 

私は一口食べて、あまり口に合わなかったのですが、ルートビールのような、薬っぽい味と風味。アメリカ人には好きな味みたいです(ママの味的な?)。

 

日本人には珍しすぎる味で不人気なので、変わったものが好きな人向け、または、大勢でワーワーいいながら味見するのが楽しいかもしれません(ショックな見た目と味を楽しむ感じ・・・。)

リコリス フレーバー付き

画像引用元:リコリス公式サイト

Licorice Candy | Licorice.com

 

上図のように、今ではフルーツ味とか、美味しい風味をつけてあるものも売っているそうですから、素朴で、ちょっとキツいオリジナルの味と、もう一つの美味しいバージョンのもの、両方を食べ比べすると良いかも。

 

ミントチョコレート

 

ミントチョコレート

 

ミント味のチョコレートは、あまり日本ではないですよね(歯磨き粉を食べている気がするのか)。アメリカでは普通に売っているので、変わったもの好きな人へのお土産に良いかもです。

 

カラフルなグミ

 

グミキャンディー

グミキャンディー

 

これは、キッズ用にも喜ばれるアメリカっぽいお菓子。色とりどりグミは健康上、ちょっと“?”だけど、可愛い動物の形をしたグミは可愛いし、お土産として食べる分には良いんではないですかね。

 

子供には、珍しくて喜ばれます。

 

おつまみ系の美味しいお土産

 

ポップコーン(電子レンジ用)

 

ポップコーン

画像引用元:ウォルマート公式サイト

Pop-Secret-Popcorn

 

電子レンジで弾けさせ、熱々をいただくポップコーンは、アメリカでは普通すぎる食べ物。これも袋入で、個包装で売ってあるので、職場などで配る用にしても良さそう。

 

プレッツエル

 

プレッツェル



このプレッツエルも、かなりアメリカ的な味かなと思います。プレッツエル自体にはあまり味はついていないのに、この堅い、クリスピーな味のプレッツエルの上に、粒の荒い塩がついているのが面白い。

 

ほとんど、味付けは“塩”だけかなという感じがして、ちょっと日本人には“雑”な味な気がしますが、それがまたアメリカっぽい。アメリカの味だと思いながら食べると、結構美味しいです。

 

珍しいものが好きな人やビールが好きな人のお土産には良さそう。

 

ビーフジャーキー

 

ビーフジャーキー

 

アメリカでは、テングのマークが付いたビーフジャーキーは、あまりにも有名。ビーフジャーキーって、日本ではあまり食べないですよね。アメリカでは普通すぎるほど良く見るんですけどね・・・。正真正銘のアメリカ的な味だと思います。

 

マカロニ&チーズ

 

マカロニ&チーズ

 

マカロニ&チーズも、手抜きが好きなアメリカ人にはよくある食べ物で、ホント、簡単に作れる食べ物。

 

日本ではあまり見ないので、アメリカの日用食としてお土産に持って帰ったら、面白いかなと思います。箱入りで軽いし・・・。

 

これは、個人的に思い出深い食べ物で、アメリカ在住当時、誰かから「料理は何を作る?」と尋ねられた際、「私は、マカロニ&チーズが作れます!」と普通に返事をしたら、思いっきり引かれました(笑)。それ位、“手抜き”で有名な食べ物です。

 

オーガニックスーパーのトレーダージョーズ&ホールフードで買えるお土産

 

人気のナチュラル系コスメや雑貨がお土産に最適

 

トレーダージョーズとホールフードは、日本でも最近は良く知られていますよね。

 

この2店は、有機野菜だけでなく、オーガニック・ハーブで作ったコスメや雑貨も種類豊富に置いてあって、次のようなコスメがオススメ。しかも、お値段もお手頃価格のものがあります。

 

口紅

 

自然な原料で作られた染料とハーブで作った口紅なので、食事をするときなど、何かと心地よい。仲の良いお友達とかへのお土産に良いかも。

 

リップクリーム

 

オーガニックハーブの入ったリップクリームやリップバームは、お値段は手頃だけれど、特別感があってお土産に良さそう。

 

歯磨き粉

 

オーガニックのミントを原料に作られた歯磨き粉は、サンフランシスコでも人気で、良く私も使っていました。パッケージも可愛い。

 

トートバッグ

 

ショッピングバッグもトートバッグタイプでロゴも可愛いものがあるので、日本へのお土産にすると喜ばれそう。

 

Trader Joe’s(トレーダージョーズ)公式サイト

トレーダージョーズ

 

Whole Foods(ホールフーズ)公式サイト(注:なぜか日本からアクセスするとイギリス用のサイトに飛ばされます。)

Whole Foods

 

おもちゃ屋のトイザラス

 

バービー人形

 

バービー人形


画像引用元:トイザらス公式サイト

トイザラス バービードール

 

次ですが、実は、アメリカはおもちゃ屋さんも穴場ではないかと思います。

例えばですが、近年、大人向けのリカちゃん人形が好きな人も多いですが、バービー人形が好きな方も多いはず。それにアメリカが本場ですしね。

 

トイザらスなど、ちょっと大きめのおもちゃ屋さんに寄ってみると、本場ならではのバービー人形の、その種類の多さにビックリする事間違いなしです。

 

バービー人形はアメリカ現地では品揃えがよく、カジュアルなドレスを着たもの(しかもトレンドを押さえたファッションの)など、比較的安価で手に入りますので、特に人形好きの人ではなくても、ファッションが好きな女性などへ、大人の女性のインテリアとして、良いお土産になるかなと思います。

 

一度私も、日本人の友人の一人に、アジア人の風貌をしたバービードールにピンクのソファー(家具)が付いた物を見つけてプレゼントしたところ、大変喜ばれました。

 

バービー人形は、有名ブランドとのコラボや、サーファーシリーズなどのアクティビティをからめたもの、多様な人種のシリーズ、有名人シリーズなど、多彩なものがありますし、日本ではあまり品揃えが多くない、“ケン(男性のバービー)”も、色々選べるはずなので、すごく楽しいと思います。

 

お土産品店でも買える-お菓子・チョコレート類(定番)

 

Ghirardelli(ギラデリー)とSee‘s(シーズ)

ギラデリーのチョコ

画像引用元:ギラデリー公式サイト

Milk Chocolate Caramel minis Bulk Case Pack (900 ct) | Ghirardelli

 

アメリカ(カリフォルニア?)でチョコレートといえば、Ghirardelli(ギラデリー)とSee‘s(シーズ)のチョコレート。

 

まずは、ギラデリーですが、そのチョコレート工場の跡地に建てられたという“ギラデリースクエア”は、今ではサンフランシスコの観光地にもなっている、おしゃれスポット。サンフランシスコの美しい海の景色を楽しみながら、ウィンドウショッピングや食事を堪能できるんですね。

 

Ghirardellisquare(ギラデリースクエア)公式サイト

Ghirardelli Square

 

 

シーズのチョコ

画像引用元:

Centennial Assortment | See's Candies

 

また、See‘s(シーズ)も、そのアメリカならではのあま~く、キュートなチョコレートが、お土産として人気です。私はほとんど、このチョコレートをお土産の定番にしていました。

 

でも、この上記2つは、当たり前のように空港のお土産品店でも買えると思うので、買い忘れた方はラストチャンスがありますよね。

 

その他のお店で買えるお土産

 

Aveda(アヴェダ)

 

Avedaは、日本ではヘアサロンだけのようですが、アメリカではコスメのショップもあるので、見つけたら寄ってみると良いかもしれません。

 

品質のよいオーガニックハーブだけで作ったクリームや口紅、リップクリームなど、アヴェダ好きとオーガニック好きにはたまりません

 

リップクリームなどはお手頃な価格なので、お土産に便利かも。

 

私は、個人的に下記のリップスティックが好きですね。

Aveda feed my lips™ pure nourish-mint™ lipstick, $26.00

feed my lips™ pure nourish-mint™ lipstick | Aveda

 

Aveda 公式サイト↓

www.aveda.com

 

女性向けのお土産にSEPHORA(セフォラ)

 

セフォラは、アメリカで500店舗以上ある人気ストア。プライベートブランドからブランドもののコスメなど、満遍なく取り揃えがあり、価格も低価格帯~高価格帯迄見つけられるので、お土産として抜群!

 

セットのコスメ

 

ここで一番のオススメなのが、安価で買えるコスメのセット類。小さいサイズのブランドの香水はもとより、ミニサイズの香水のセット(ブランド品)。例えば、ミニボトル6本付きで$75.0と凄すぎ。

 

Sephora Favorites(セフォラ香水のセット)↓

www.sephora.com

 

また、他にもリップスティックのセットやアイシャドウのセットなどは抜群の充実度なので、もう夢中になりすぎてお店から出れないかも!

 

セフォラ ストアの場所検索はここから↓

Find a Sephora Near You | Sephora

 

ハロウィーン専門ショップ

 

ハロウィーン グッズ イメージ

 

後は、ハロウィーンのグッズも外せないと思います。

 

アメリカは、ハロウィーンの前になると、ハロウィーンのグッズを売っているお店を至るところで見ます。限定ショップなんだと思います(シーズンが終わるといつの間にか、無くなっている)が、蜘蛛の巣とか、ゴーストとか、コスプレグッズとか、日本で見るものよりも、もっと良くできた面白いものが見つかります。

 

ウォールグリーンのようなドラッグストアで買えるお土産

 

ドラッグストアのウォールグリーンのようなお店は、至るところにあるけれども、次のような手軽なもので、お土産に良いものも見つけられます。

 

制汗剤(デオドラント)

 

制汗剤 イメージ

 

日本と違い、アメリカでは、エチケットとしてデオドラントを使う人が多く、その種類も豊富で大容量。お土産に持って帰っても楽しめそう。

 

ウォルグリーン公式サイト

Walgreensで販売のデオドラント製品

 

アメリカ発祥のお手頃価格のコスメ

 

また、アメリカのドラッグストアーでは、メイべリン、ロレアルなどのアメリカ発祥のコスメが日本価格の半額位で買えますので、かなりお得感があります。

 

Wet n Wild(ウェット・エンド・ワイルド)アメリカでおなじみのメイクアップ・コスメブランドですが、日本ではまだ見ないですので、パウダー類などお土産にかなり良いかも!

Wet n Wild(ウェット・エンド・ワイルド)のシャドウ

Wet n Wild(ウェット・エンド・ワイルド)のシャドウを手に塗ったところ

画像引用元:ウェット・エンド・ワイルド公式

The Metallic Palette | Wet n Wild

 

アメリカでのお土産の購入は普通のショップやストアーでも

 

以上、アメリカでの定番のお土産だけでなく、珍しいものや買い物の穴場などご紹介してみました。

お役に立てる情報になれば、嬉しいです。