アメリカ滞在10年間のサバイバル日記

アメリカと英語に魅せられた女性の滞在10年間のサバイバル日記

アメリカのブランドで可愛さ満点で安い物ってある? 女子のハートをくすぐるアメリカのブランドとは?

 

LAでアメリカのブランドのウィンドウショッピングをする日本人女性 イメージ

 

 

22.11.25更新

 

皆さん、冬の真っ只中で寒いですね~。今、コロナもオミクロン株が流行っていますし、アメリカ留学やアメリカ移住を考える方の中には、きっと足踏みする方もいらっしゃるかなと思います。

 

こんな時は準備のためのリサーチをしたり、留学や移住のための資金を貯めるために、ひたすらアルバイトに励んだり、アメリカンドリームを頭に描きながら“心ここにあらず”になった職場で、『もう一息!』と思いながら頑張ってる方も多いのではないでしょうか?

 

私も、アメリカ移住前はそういう体験をしてきました。

 

そういうことで、本日は、そんなアメリカへの夢を抱き続けるために、日本人の女性から見ても『カワイイ』と思わせてくれるアメリカのブランド、しかも価格的に比較的手に入りやすいものをご紹介することにしました。

 

今のように気分が今ひとつ冴えないときには、アメリカのポップなブランドや大人可愛いブランドで、気持ちを上げ上げにしてみたい。

 

めちゃくちゃ可愛いくてアメリカンで、本元のアメリカでも人気のブランドの数々。なかには既に日本でも良く目にするものもありますが、『これ、アメリカ発祥のものだったのか~』というブランドも・・・。

 

では、早速、見ていきます。 

アメリカのファッションについては、こちらの記事がよくよまれています↓

surviving-us.com

 

ベッツィージョンソン(Betsy Johnson)は手に入りやすく、とってもアメリカン!

 

ベッツィージョンソンのファッションショーのモデル 

画像引用元:ELLE公式サイト

Fashion Magazine - Beauty Tips, Fashion Trends, & Celebrity News - ELLE

 

さて、ベッツィージョンソンは、めちゃくちゃ可愛いブランドですが、れっきとしたアメリカのデザイナー、ベッツィージョンソンが作ったブランド。

 

スカルやスタッドなどのロックな装飾も施したちょっとエッジーなテイストもありながら、アメリカらしくポップで大人可愛いデザインやモチーフが有名で、アメリカで根強い人気を誇るブランドです。

 

以前に私がサンフランシスコに住んでいたときに、フィルモア界隈にベツィーのお店があり、一目惚れしてしまったブランド。ベツィーのショップは、ピンクの壁やネオンサインのようなインテリア、鮮やかなピンクやヒョウ柄などの個性的かつキュートな服やドレスが飾られていて、それは夢の中のようなショップだったんです。

 

ベッツィージョンソンというデザイナーはどんな人なの?

 

ベッツィージョンソンは、1942年生まれ。コネチカット州出身で、1960年代からファッション業界で注目を浴びた前衛的なデザイナー

 

シャワーカーテンや自動車の内張り、ニューヨーク・ヤンキースの古いユニフォームのピンストライプなど風変わりな生地を使ったり、気まぐれでヒッピー風のスタイルやネオン染め、パフスリーブ、深いネックライン、ローウエストなどがベッツィーのデザインの特徴でした。

 

1970年には、ベッツィーは29歳という若い年齢で、優れたデザイナーに贈られる賞として名高いCoty Fashion Critics Awardという賞も取っています。

 

また、1978年頃には、イギリスのパンクの流行を受け、ベッツィーの元々のデザイナーとしてのユニークで奇抜かつ可愛いデザイン力が再開花し、遂に自分のブランドを立ち上げたことが、このベッツィージョンソンというブランドの始まりということ。

 

ベッツィージョンソンは、一時はロンドン、トロント(カナダ)、東京を含む65店舗が世界中に有ったほど大成功を収めたのですが、その後、資金繰りが悪くなり、残念ながら2012年に会社は倒産、経営者でもあったベッツィーは、今度は別の会社でクリエイティブディレクターとしてブランドに残るなど、紆余曲折も経てきました。

 

参照元

How Betsey Johnson Built a Fashion Empire and Lost Her Name | The New Yorker

 

参照元

Betsey Johnson - Fashion, Career & Life - Biography

 

それ以降は、アメリカのネットショップBetsy Johnsonアメリカにあるデパートのメーシーズ(Macy’s)などで、そのアイテムが取り扱われていますが、今ではブランドの全盛期よりも比較的手にしやすい価格で販売されていて、その点は、ファンにとっては、嬉しいことです。

 

プチ贅沢で買える価格帯で、100ドル代位(1万円代位)から手に入る嬉しさ。

 

このまま、変に高いブランディングに目覚めることなく、庶民のプチ贅沢品レベルでいて欲しいなと願うほど・・・。

 

また、前述したネットショップのBetsy Johnsonは、半年前に見たときは“とりあえず感”のあるサイトだったのですが、今見ると、しっかりした公式サイトにリニューアルされていて大興奮!アイテムも相変わらずのキュートさ!

 

カラーはピンクを使ったものも多いし、キラキラやおリボンのモチーフが付けてあったりして、本当に日本人のカワイイ・ティストに合っているんです。

Betsey Johnson(ベッツィージョンソン) レディース 女性用 ファッション雑貨 小物 財布 Tab Bifold Wallet - Black Floral [並行輸入品]

Betsyのお財布(→画像クリックからアマゾンへと飛びます)

 

Betsyの腕時計(→画像クリックからアマゾンへと飛びます)

 

『私はベッツィーに囲まれて毎晩眠りたい』と思えるほど、嫌なことや辛いことがあった日でも、ベツィーのグッズを見ればテンションがMAXになること間違いなしです。変な自己啓発書に目覚めるより断然よいです(笑)。

 

ちなみに、ベッツィージョンソンのアメリカの公式ショップは下記です!

betseyjohnson.com

 

では、夢にまで見たベッツィーについて、更に詳しくみていきましょう。

 

ベッツィージョンソンの年齢層

 

さて、このブランド、こんなおリボンとかピンク(しかもショッキングピンクなどです)の色合いがカワイイブランドだから、一体、何歳まで着れるのか気になりますよね。

 

可愛いブランドの常です。

 

女性は何歳になっても可愛いものが好きだから、ギリギリ許す年齢までベツィーを持ちたいんです。

 

調べたところ、ベッツィーのデザイナー&創始者であるベッツィージョンソンは現在79歳で、未だにポップでキュート、かつユニークなファッションを見につけていて、年齢の方が逃げていきそうな位、可愛くエネルギッシュで魅力的な女性!

 

なので、アメリカでも15歳位のティーのベッツィーファンもいれば、上は40代、50代の人達でファンであることを表明している人もいて、デザイナーのベッツィー本人と同じくらいの人(70代!)も、実はいるかもと思わされます。

 

う~ん、やっぱりアメリカのスピリットはポジティブですね!

 

ブランドについては、“若い人や気持ち、心が若い人向け(young at heart)のブランド”と紹介もされていましたから、ファンの意見としては、アイテムが“似合いさえすれば良い”ということのようです。

個人的には、年長者(!?)は黒系のアイテムだったら、より大人っぽさが増すので安心かなと思います。

 

更にここで、ベッツィージョンソン本人の最近のポートレイトを見れば、納得がいくかもしれません。

 

こちらです。

 

ベッツィージョンソン自身

画像引用元:

How Betsey Johnson Built a Fashion Empire and Lost Her Name | The New Yorker

 

ビビッドなレッドの服と個性的なアクセサリーに、これまた似合うレッドの口紅、直線的なブロンドのボブヘアが超魅力的ですね。今は流石に、ベッツィーの娘さんや若い世代がブランドの支援をしているらしいですが・・・。

 

 

上記の動画のように、ブランドの全盛期に開いていたファッションショーでは、このイケイケファッションで側転をし、ショーを終えるのが、彼女のトレードマークでした。

 

それでは次に、実際にベッツィージョンソンのアイテムを見ていきましよう。今では価格帯もだいぶ低くなっているし、複数のアイテムを買いまくる大人買い”だって可能かもしれません。

楽天から【厳選】の可愛いものを探しました。

 

ベッツィージョンソンの服

 


 

 

上記、ベッツィーのアパレルの例として探してみましたが、こちらはレースのワンピースでも、デザインにベッツィーらしい華やかさ、キュートさがある一枚です。

 


 

いや~、この超カワイイピンクのドレスを見ると・・・、もう

なんとも言えなくなるでしょう・・・・。

 

ベッツィージョンソンのバッグ

 

ハンドバッグ

 

次に、ベッツィーのハンドバッグも、女子のハートをいとも簡単に盗んでしまうアイテムです。こんなリボンのバッグなんて、もうこたえられませんね。


 

 

いや、これも大人カワイイおリボンが悩殺してくれる一品です。


 

 

ベッツィージョンソンのお財布

 

お財布にだって、ベッツィーはMAXなキュートさで攻めてきます。

次のお財布も、大人っぽくて黒字にロゴが映える一品です!


 

 


 

 

ケイトスペードも超カワイイブランドでアメリカのブランド

 

ケイトスペード ファッションショーモデル

画像引用元:

Fashion Shows: Fashion Week, Runway, Designer Collections | Vogue

 

ケイトスペードKate Spade New York)は、既に日本のお店でもおなじみのブランドですが、実は正真正銘のアメリカ発祥のブランド

 

実用的で使いやすいデザインでありながら、落ち着いたスモーキーなピンク地にリボンが付いたアイテムもあるなど、日本でも大人可愛さが人気ですよね。

 

しかも、牛革(傷や汚れがつきにくく、撥水性も高いサフィアーノレザー)をはじめ、高品質の素材が多くのアイテムで用いられていて、中でも人気を誇るトートバッグは通勤用として作られているため耐久性に優れているなど、実用性も備えているというから驚き。

 

参照元

5 Reasons Why Kate Spade Bags Are So Popular - MyBag

 

参照元

Kate Spade vs Michael Kors: Which One Is The Better Investment?

 

ちなみにケイトスペードの日本の公式ショップは下記です。

www.katespade.jp

 

ケイトスペードというデザイナーはどんな人なの?

 

ケイトスペード 本人

画像引用元:

Kate Spade - Bags, Daughter & Death - Biography

 

ケイトスペードは1962年生まれで、アメリカのミズーリ州出身。

 

元々はニューヨークでファッション誌の編集者として仕事をしていたそうなのですが、当時のアメリカに繊細でスタイリッシュなバッグがないことに気づき、ナント(!)自分でいちからバッグをデザインして作っちゃった人なんです。

 

それで、彼女の夫のアンディ・スペードとともに、ニューヨークでバッグのコレクションを発表したことが、ブランドの始まりだそうです(1993年に、正式にケイト・スペード ハンドバッグを立ち上げ)。

 

流石、アメリカ人女性。ざっと聞いても桁違いの行動力!

 

ケイトスペードの落ち着いた使いやすいデザインは、そんな彼女のビジネスウーマンとしての経歴に裏付けられたものだったんですね(納得)。

 

ケイトスペードのリュック(→画像クリックからアマゾンへと飛びます)

 

ここで、改めてケイトスペードのアイテムを見てみると、人気のお財布に付いた細く目立たないリボンやスモーキーなカラーなどお馴染みのスタイルだけでなく、落ち着いた黒地に真紅のハートやリップのモチーフがついたアイテムもあって、最高!

 

『将来、アメリカ人女性みたいにバリバリ働くようになっても、可愛らしさは残しておいて良いのね。』と、日本人女子に『ホッ』と安堵感を与えてくれるような気がします。

 

お値段も、アクセサリー類やお財布なら1~2万円ほどで手に入るし、上の価格帯のものでも、バッグが5~6万円以下で手に入るありがたさ・・・。

 

ケートスペード(Kate Spade New York)の年齢層

 

こちらも調べたところによると、アメリカでもケイト・スペードのターゲット層は“若い層”。なので、15歳~24歳位の女性を想定して作られているんですね。ですが、実際には、ブランドのファンは30代からシニアと呼ばれる人達までいて、その年齢層は幅広いようです。

 


 

ケイトスペードの腕時計は上記で詳細をご覧になれます。

 

アイテムのデザインが自分に似合っていれば良いと思う人が多いようで、それもアメリカのブランドらしいですよね。

 

では、実際に、そんなたまらない可愛さのケイト・スペードの商品を見てみましょう!

楽天から【厳選】の可愛いものを探しました。

 

ケイトスペードのバッグ

 

ハンドバッグ

 

次のバッグは、品があって綺麗な一品ですね。パンツにもピッタリ合いそうです。


 

 

次は、品の良いデザインでケイトスペードらしさが際立ちます。


 

 

ケイトスペードのお財布

 

気軽に使える2つ折り財布もとってもカワイイ)。


 

 

こちらは、ピンクがとっても可愛くて使いやすいジッパータイプのお財布です。

 


 

 

 

アンクラインも日本人のハートを鷲づかみーその年齢層は?

 

アンクライン ファッションショーモデル

画像引用元:

Fashion Shows: Fashion Week, Runway, Designer Collections | Vogue

 

アンクライン(ANNE KLEIN)は、ファッションブランドとしてはまだ、日本では聞かないブランドだし、そこまで流行ってはいないようですが、アメリカでは代表的なビジネスカジュアル・ブランドとして聞いていました。

 

一度、アメリカで働いた際、当時の上司から「仕事に相応しい服装で来るように」と注意を受けたときがあってアメリカ人の友人に勧められたのが、このブランド。

 

価格も中価格帯で手が届きやすいし、アメリカ的な実用性を持ちながら、日本人女性にも好まれそうな上品さ、繊細さを持ち合わせています。日本では、腕時計が多く出回っているようですね。

 

でも、アンクラインはそれだけでは終わりませんよ~。

 

普通のアメリカのファッションもそうですが、あちらで見たビジネスカジュアルのブランドは、シンプルすぎて味気ないデザインのものが多く、ちょっとネガティブな印象しか無かった私でしたが、アンクラインの服を見た途端、脳内に「ピンポ~ン!」の音色がこだましていましたから・・・。

 

アンクラインの腕時計


 

 

 

今、改めてアンクラインのファッションを見てみると、アメリカではお馴染みの幾何学模様的な柄のアイテムもありますが、キレイめでカジュアルな服や小物が豊富。ウエストを絞った黒のワンピース、裾のシルエットがちょっと不規則で、柔らかく広がるように作られたワンピースや細めのラインのジャケットなど、たまらなく素敵。

 

どれも上品でオーソドックスさは保たれており、職場に着ていけそうなものばかりです。

 

小さめのハンドバッグや、会社にも着けていける甘さを抑えたアクセサリー類・時計も素敵で、クリスタルやパール、お花模様、パステルカラーのモチーフでラグジュアリーな感じを演出するのも忘れていません。

 

価格的には、時計だったら1万円代位でも手に入る嬉しさ! バッグ類はもっとお手頃なんです。

 

アンクラインの可愛さは、下記動画でも見れます。

 

 

ちなみに、Anne Kleinの公式サイトは下記です。

anneklein.com

 

アンクラインというデザイナーはどういう人なの?

 

アンクライン 自身

画像引用元:

Anne Klein | Fashion Designer Biography

 

アンクラインは1923年生まれで、ニューヨークのブルックリン出身。

 

ニューヨークでファッションデザインを学んだ後、デザイナーとして華やかな成功を収め、1968年にファッションの第一人者として知られたグンター・オッペンハイムとのコラボでアンクラインというブランドを開始したのが、現アンクライン・ブランドの始まり。

 

デザイナーとしてのキャリアの中で、アンクライン自身が小柄であったため、小柄な女性のための洗練されたスタイルのブランドを手掛けて成功させたり、また、男性の服飾スタイルを女性用の服に取り入れ、生産した最初の人としても有名。

 

1950年代には、ブラウス、スラックス、スカート、ジャケットを組み合わせて何通りもの組み合わせが利くという、働く女性のための “セパレーツ”と呼ばれるスタイルを発表、世界のファッション業界にアメリカ独自の視点を提供したとされています。

 

アンクラインのブラウス


 

 

アンクラインのジャケット


 

ジャケットとボトムスを組み合わせた、今では定番のビジネスカジュアルのスタイルって、アンクラインが発表したのが最初だったんですね。また、アンクラインが小柄な女性のための服を作っていたという事や、洗練されたワークウェアを作ってきたという事からも、日本人女性が惹きつけられる秘密が分かる気がします。

 

ああ、益々アンクラインが好きになってしまった・・・(ため息)。

 

参照元

CFDA

 

参照元

アンクライン : ANNE KLEIN - ファッションプレス

 

アンクラインの年齢層

 

さて、次は気になるアンクラインの年齢層ですが、ビジネスカジュアルのブランドだからか、26 ~41歳のミレニアル世代それ以上の世代の女性にも人気があるようです。どちらかというと、落ち着いている大人の女性の層ですね。アメリカのブランドですし、年齢は、そう気にしなくてよいようです。

 

参照元

Anne Klein popularity & fame | YouGov

 

さて、次は、実際にアンクラインの製品を見てみましょう。

楽天から【厳選】の可愛いものを探しました。

 

アンクラインの服

 

一例としてアパレルを探しましたが、アンクラインの服はジャケットなど堅いアイテムでも、すごく女らしく作ってあるんですね。職場では諦めていたちょっとしたオシャレ感を、細部に散りばめてあるんです。

 


 

 


 

アンクラインのバッグ

 

次に、アンクラインはミニバッグがお手頃な価格で手に入り、とってもクラッシーです。これが一番ラグジュリー感があります。 

 


 

 

これもカワイイですね。お人形の着せ替えセットに入っているようなバッグです。

 


 

チェーンがついたストラップと小花模様は、さりげなくカワイイですね。

 


 

 

アンクラインの時計・アクセサリー

 

次にご紹介するのが、お得意のアンクラインの時計とブレスレットのセットです。クリスタル、ゴールドの色合いが堪えられません(お値段もカワイイし)。


 

 

アメリカのファッションブランドでコロナも吹っ飛ぶ!

 

さて、本日はアメリカのファッションブランドと、そのアイテムをご紹介しました。

 

日本人女性のハートも捉えて止まないアメリカのファッションブランド。アメリカのファッションは、『シンプルすぎて今ひとつかな』と思いきや、テンションを上げ上げしてくれる素敵なブランド達・・・。

 

将来、アメリカに留学とか移住をしても現地で使えるし、日本で使ってもコロナが吹っ飛ぶほどの可愛さだから、毎日気分よく過ごせること間違いなしです。


注:ご紹介している商品について記載されているお値段などは記事発行時のものです。セール、その他の状況で変わることがございます。

 

こちらの記事も良く読まれています↓

surviving-us.com